映画「アス」

アス (字幕版)

アス (字幕版)

  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: Prime Video


ネタバレあり。



同じ顔を持つ家族に襲われる話。


夏のバカンスにやってきた
一家。

旦那ははしゃいでて
湖で自前のヨットを出したりと
盛り上げていたが
女房である主人公は乗り気じゃない。


昔、この辺で行方不明になった経験があるからだ。

数分しか経ってなかったけど
ショックがデカくて
話せなくなった。

今も引きずってて言葉が上手く出てこないが
娘一人と息子一人恵まれて
旦那の仕事は上手くいって裕福層に入ってる。
旗からみれば恵まれた環境だった。



別荘で憂鬱になりながらも
1日を過ごし、夜を迎えると
不気味な人間が家を覗き込んでる。

赤い服を着てジーと。

1人じゃない。

恐らく、4人いる。

嫌な予感を感じ身構えるが
ハサミを持った連中は
難なく家に侵入し
一家を制圧した。

髪はボサボサ。

顔は傷が付いてたりしてたが
よく見ると自分達と同じ顔をした
一家だった。

主人公に似た女は恨めしそうに
お前らが光の中人生を送っている裏で
闇の人生を送ってきた。

「この日をずっと待ってた」

赤い服の一家の攻撃が始まる。



ゲットアウトと同じ監督だから
期待値が高かったせいか
イマイチだった。

ゲット・アウト [DVD]

ゲット・アウト [DVD]

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: DVD


とにかく、主人公の女が気にくわない。

昔のトラウマはわかるが
ヒステリーだし、敵に戦いを挑んでも
すぐ拉致されて窮地に追いやられちまう。

途中、何か自信がついて
家族を引っ張っていくが
敵の罠にはまって更に窮地に追いやられる。

こんなにイラつく主人公もいないもんだが
最後に好きになれなかった理由がわかるんだよな。

そこは凄いんだが、集団で町を襲うストーリーは
他の映画で見てるから新鮮味がない。

「パージ」のほうが衝撃が強い。

主人公の息子を主役にしたら
もう少し恐怖を味わえたかも。

ゲットアウトが神作過ぎたわ。